プエラリア本来の効果を得るためには、飲み方に注意しないといけません。 飲み方を誤ってしまうと、吸収率が悪くなり、本来の効果を得ることができない場合があります。 プエラリアの効果的な飲み方は、以下の通りです。 ・日中の空腹時に飲む ・月経後期から排卵日の1日〜2日後までの間 プエラリアの成分を効率良く吸収するためには、日中の空腹時に飲むようにしましょう。 時間でいうと、10時〜15時くらいに飲むのがおすすめです。 ただし、空腹時に飲むと胃や腸への負担が大きいので、胃腸が弱いという人は食後に飲むようにしてください。 それに、月経後期から排卵日の1日〜2日後までの間に飲むことで、さらにプエラリアの効果が高まります。 この期間は、エストロゲンが増え始める時期ですから、飲むタイミングとしては最適なのです。 また、10代や20代といった若い年代であれば、女性ホルモンの分泌量が多いので、サプリメントに記載されている用量より少なくても効果が得られるでしょう。